『バジリスク絆』
(2014年1月27日導入済)

1455770602872
©ユニバーサル


相変わらず人気の衰えないバジリスク絆だが

意外に設定看破が難しいと言われているが

決してそんなことはない。

そこで今回は重要な設定判別ポイント

また判別の優先順位を紹介しよう。



■弦之介BC中の告知タイミング
残りベル6で撃破・・・設定456確定
残りベル3で撃破・・・設定6確定
※ただし押し順ベルで撃破した時のみ有効。
また、レア役や瞳術揃いでAT当選告知が
潜伏していた場合も有効とはならない場合が
あるので注意だ。


また、撃破のタイミングで奇数設定
偶数設定もある程度予測可能。

残りベル2、4で撃破・・・設定24が多い
残りベル1、5で撃破・・・設定135が多い



■通常時押し順ベル、リプレイからの
BC当選率(合算)

※低確

設定1:1/17453,54
設定2:1/17463,76
設定3:1/17463,99
設定4:1/5827,72
設定5:1/5831,14
設定6:1/2917,82

※高確
設定1:1/4363,39
設定2:1/4365,94
設定3:1/4368,50
設定4:1/1456,66
設定5:1/1457,52
設定6:1/740,41



上記はいわゆる謎当たりのことだが
超高確だと設定差がないので注意。

超高確の謎当たりかどうかの見極め方は
簡単。
低確もしくは高確での謎当たり時は
必ず同色BCなので異色だった場合は
超高確が確定となる。
その場合はサンプルから除外しよう。
※ただし超高確での謎当たり時も通常通り
同色の抽選はするので同色だからと
言って謎当たり確定ではない。


また、本機には何も引かずに移行する
5G間の超高確が存在するので
(高モードほど移行しやすい)

高モード中は注目だ。

これらに注意しつつ、通常回転数と
謎当たり同色をカウントして
設定推測に役立てよう。

----------------------スポンサーリンク---------------------


■ATループ率(モードA~D)
※設定1
33%ループ・・・91,18%
50%ループ・・・5%
66%ループ・・・2,78%
80%ループ・・・1,04%

※設定3
33%ループ・・・89,06%
50%ループ・・・6,25%
66%ループ・・・3,13%
80%ループ・・・1,56%

※設定5
33%ループ・・・82,29%
50%ループ・・・8,33%
66%ループ・・・6,25%
80%ループ・・・3,13%

※設定2
25%ループ・・・90,36%
50%ループ・・・7,69%
66%ループ・・・1,56%
80%ループ・・・0,39%

※設定4
33%ループ・・・85,96%
50%ループ・・・11,11%
66%ループ・・・2,34%
80%ループ・・・1,56%

※設定6
33%ループ・・・77,90%
50%ループ・・・14,29%
66%ループ・・・6,25%
80%ループ・・・1,56%

奇数は最低継続率が25%に対し
偶数の最低継続率は33%。

さらに設定が上がるにつれて
高継続率が選ばれやすい。

設定6に限っては5回に1回が
50%継続以上が選択されるので
初期ストック率も考慮すると
ATの単発は格段に少なくなる。



■通常時の同色BC出現率
通常時の同色BC出現率には
設定差があり、以下の通り。
※通常時の赤同色BC
設定1:1/1742,5
設定2:1/1359,8
設定3:1/1915,3
設定4:1/1026,7
設定5:1/1465,1
設定6:1/766,1

※通常時の青同色BC
設定1:1/1742,5
設定2:1/2039,7
設定3:1/1276,9
設定4:1/1540,1
設定5:1/976,7
設定6:1/1149,2


基本的に謎当たり同色に設定差があるので
この合算数値は参考にはならないが
一応チェックしておこう。
尚、AT中の同色BCにはあまり設定差が
ないため、別々に数えること。




■赤頭BC、青頭BCの比率
設定246は6:4で赤頭が多く
設定35は6:4で青頭が多い。
設定1は1:1だ。



■弱チェリー確率
設定1:1/44,37
設定2:1/43,34
設定3:1/42,36
設定4:1/41,43
設定5:1/40,53
設定6:1/39,67

設定差はほとんどなく、ヤメの判断には
ならないので参考程度にしよう。




■BC当選時のAT当選率
これは奇数偶数が読める程度で
細かく設定看破するにはあまり使えないので
省略します。




ちなみにATスルー回数で高設定を

見極めるのは危険。


この台はモードが悪ければ

6でもハマることは多々あるので
※設定6でもモードを管理している
いわゆるテーブルが悪いと
AT9スルーくらいならばあり得る


ATを4スルーしたから設定6は無いという

AT当選率だけでの判断は間違っても

しないようにしよう。
高モード示唆演出についてはコチラ



■設定判別優先順位まとめ
①弦之介BC中の確定告知
残り3or6撃破が出れば問答無用で
終日稼働だ。

②通常時の謎当たり(特に低確)
前後にレア役を何も引いていない且つ
推定モードA時に引いた場合は
低確と判断していいだろう。

一日に複数回確認できれば設定6の
期待大だ。

③AT継続率(単発比率やセット数をメモ)

6は単発が他の設定に比べて
特に少ないので単発が続くようなら
まず6は期待できない。
※私の実践では設定6で最高3連続単発

④BC同色割合
AT中は設定差の無いリプレイ重複同色や
高確中の当選時は同色が優遇されるので
通常時と分けて数えよう。
設定6ならば4回に1回程度は同色を
引ける計算になる。


あとはおまけ程度に弱チェリーを

カウントしつつ、BCの色と

撃破タイミングで奇数偶数を判断しよう。


----------------------スポンサーリンク---------------------




シェアして皆に教えよう!




ホールのデータだけでなく台の解析情報も
見れるので、私も利用している
かなりオススメの優良サイト。

データロボサイトセブン